ここから本文です

突然の解雇!「クリミナル・マインド」のホッチナー役俳優、脚本家を蹴ってクビに

シネマトゥデイ 8月13日(土)15時20分配信

 テレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」でFBI特別捜査官アーロン・ホッチナーを演じているトーマス・ギブソンが脚本家にけりを入れ、謹慎処分になったとTMZ.comが報じたが、その後クビになったことが米CBS局によって発表された。

【写真】トーマス・ギブソン出演『アイズ・ワイド・シャット』

 「トーマス・ギブソンは『クリミナル・マインド FBI行動分析課』から解雇されました。彼のキャラクターがなぜいなくなったかについての詳細は後日のエピソードで取り上げます」とプロデューサーと同局は声明で述べている。

 問題となった事件はトーマスが監督を務める第12シーズンのエピソードで起こったとのこと。トーマスが演技をしていたところ、脚本家の一人と創作上の意見の違いで口論が起き、トーマスが激怒して脚本家の脚を蹴ったという。脚本家は自分のエージェントに連絡を入れ、エージェントがテレビ局の重役に報告。局は何らかの行動に出ざるを得ず、トーマスを謹慎処分にしたと報じられていた。

 トーマスは、「僕は『クリミナル・マインド FBI行動分析課』が大好きで、この12年間、全身全霊を込めてきました。最後まで見届けるつもりでしたが、それもかなわなくなりました。脚本家、プロデューサー、共演者、すばらしいスタッフ、そしてなによりも最高のファンに感謝します」とThe Hollywood Reporterなどにコメントを出している。

 クビになった理由の一つは、これがスタッフに対する2度目の暴行だったからかもしれない。トーマスは数年前にADを突き飛ばし、アンガーマネージメントのクラスを受講するよう言い渡されていたという。(澤田理沙)

最終更新:8月13日(土)20時2分

シネマトゥデイ