ここから本文です

クルマに「子供が閉じ込められる」事故に注意! 原因は◯◯の普及

ZUU online 8/13(土) 8:10配信

日産自動車 <7201> は本格的な夏の到来にあたり、子供やペットの「車内放置」による事故を防ぐために、熱中症とかけた「#熱駐症ゼロプロジェクト」を発足した。同社はその一環として、車内放置の危険性を訴える動画の公開やSNS等での情報発信に取り組んでいる。

ちなみに、JAF(日本自動車連盟)によると昨年8月に出動した「キー閉じ込み」の救援で、子供が車内に残されたままの事例は全国で236件、このうち緊急性が高いと判断し、通常の開錠作業ではなくドアガラスを割るなどして子供を救出したケースが6件もあった。

読者の中には「自分は大丈夫」と考えている人もいるかもしれない。しかし、キー閉じ込みトラブルは「つい、うっかり」が起因となるケースが多く、予断は禁物だ。

今回は、キー閉じ込みの原因と対策を紹介しよう。

■わずか15分で危険なレベルに

キー閉じ込みで一番怖い季節が、真夏である。2012年夏にJAFが実施した車内温度の検証テストによると、気温35℃の炎天下に駐車した車内の熱中症指数は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達した。乳幼児は体温調節機能が未発達で、特に注意が必要となる。

ちょっとの間だから、寝ているからといって車内に子供を残して離れると、「キー閉じ込み」のトラブルではなくとも、熱中症を引き起こす事故になりかねない。JAFが2011年に行った調査では「子供を車内に残したまま離れたことがある」と回答した人は、全体の28.2%を占めていたが、高齢者やペットも同様に気をつける必要がある。

■キー閉じ込みを起こす原因

キー閉じ込みが、JAF救援のトップクラスの原因となっているのは、なぜだろうか。皮肉なことに、キー・システムのデジタル化が理由の一つとなっている。

「キーレスエントリー」の普及によってドアノブでロックする習慣が減ったうえ、最近ではポケットに入れておくだけでドアの開錠からエンジン始動までを可能にした「スマートキー」が軽自動車から高級車まで幅広く採用されるようになった。閉じ込みそうになってもドアロックしないような仕組みにもなっているのが特徴だ。

しかし、問題はキーに内蔵している電池である。電池の消耗で「スマートキー」が作動しないこともあるのだ。デジタル・キーのおかげで、鍵の開閉に関して意識が薄くなっていることが「キー閉じ込み」のトラブルを招いている。

■救援要請の半分以上が女性ドライバー

そのほかの原因として「ヒューマンエラー」も指摘される。通常と異なる行動が原因となって、車内にキーを置き忘れてしまうというものだ。

もっとも高い原因としては「持ち出す荷物があった」「荷物などで手がふさがっていた」「車外に出るまでに何か用事をした」などによる、一連の動作の中断が挙げられ、寄与率は18%となっている。

2番目は「車外に気になる人(物)がいた」「クルマを離れてからその次にすることについて何か考えていた」「目的地・駐車場所・電話など、何かを探していた」などの「次の考え事」で寄与率は16.1%だ。

3番目は「仕事や家族、予定などの考え事をしていた」「疲れを感じていた」「 運転中、気がかりなことや心配ごとがあった」などの「他の考え事」で寄与率は11.7%となっている。読者の中には、なんとなく思い当たる節がある人もいるのではないだろうか。

JAFに救援を要請した人の性別を見ると、女性ドライバーが半分以上を占めている。この点については、子供と出かける頻度が高いうえ、男性がポケットにキーを入れるのに対し、女性はハンドバックなどにキーを入れていることが多いこと。リモコンキーの電池交換を知らない人が多いことに起因すると見られている。

■キー閉じ込みをしてしまったら

このような状況に陥らないためには、車外から鍵を用いてロックする事を習慣づけたり、スペアキーを携帯するか、車外のどこかに隠すことが、有効な対策として挙げられる。

だがもしも、誤って閉じ込めてしまった場合には、速やかにJAFに救援を依頼しよう。昔のクルマと異なり、最近のクルマは盗難防止構造になっている上、ドアの内側にはパワーウインドウなどの電子部品が内蔵されていることがあるので、焦ってこじ開けようとすると、別のトラブルを招きかねないからだ。

真夏の車内に閉じ込められる危険性を十分理解し、確認を怠らないことが必要だろう。(モータージャーナリスト 池谷真子)

最終更新:8/13(土) 8:10

ZUU online

チャート

日産自動車7201
1074円、前日比-2円 - 12/2(金) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。