ここから本文です

人気双子モデルmimmam「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン姿で女心を告白!

映画.com 8月13日(土)13時30分配信

 [映画.com ニュース] 興行収入約1億3500万ドルを稼ぎ出し、北米の8月オープニング記録を塗り替えたアクション大作「スーサイド・スクワッド」のイベント試写会が8月12日、都内で開催され、女子中高生から高い支持を集める双子モデルユニット「mimmam(ミムマム)」が、同作の人気キャラクター、ハーレイ・クインの変身前・変身後のコスプレでトークショーに登場した。

人気双子モデルがハーレイ・クイン変身前・変身後のコスプレを披露したトークショーの模様はこちら!

 「Zipper」誌の専属モデルで、歌手、声優としても活動するふたりは、姉のmamがバットマンの宿敵ジョーカーへの恋心がもとで悪に染まったポップなハーレイ・クインのコスプレ、妹のmimはハーレイがビラン(悪役)になる前の理知的な精神科医ハーリーン・クインゼル博士のコスプレを披露。「(博士とジョーカーが向き合う)この写真しか資料がなかったんですけど、髪をピタッとまとめて博士っぽくしました」(mim)、「ガチに決めてきました。タトゥーもタイツに書いて手作りしてきたんです」(mam)となりきりぶりを明かした。

 mimが「アクションがすごいのはもちろんだけど、みんな悪役なのに世界を救うためにがんばる。心の奥に人間の心が残っていて、みんなで協力するのがカッコいいし憧れます」と作品の見どころを語ると、mamは「悪とは? 正義とは?と考えさせられます。アクション映画と聞くと男性向けに思われるけど、女性同士でもデートで見ても、家族で見ても楽しめる映画だとおすすめしたいです」と続けた。

 好きな男のために悪に染まるというハーレイの女心については、「(相手の)好きな音楽を聞いたり、その人のために嫌いなものを克服したりしますよね。好きな人のためなら何でもできる“愛”に共感」(mim)、「洋服を好みに合わせて考えてみたり、好きな人のために自分をよく見せたいっていうハーレイの気持ちに共感できます」(mam)と好意を寄せた。当日の客席には、ドレスコードとして設定されたハーレイ・クイン同様の髪型“ツインテール”を施した約50人の女子中高生が集結。憧れのモデルのトークにうなずいていた。

 「スーサイド・スクワッド」は、バットマンらによって投獄され、死刑や終身刑の判決を言い渡されたビランたちが、減刑と引き換えに政府公認の特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成させられ、世界を破滅に追い込む危機に立ち向かう姿を描く。マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン役)、ウィル・スミス(デッドショット役)、ジャレッド・レト(ジョーカー役)らが出演、「フューリー」のデビッド・エアー監督がメガホンをとる。9月10日から全国公開。

最終更新:8月13日(土)13時30分

映画.com