ここから本文です

ユ・アイン&ピョン・ヨハン、コーヒー移動車でユン・ギュンサンを応援

WoW!Korea 8月13日(土)15時21分配信

俳優ユ・アインとピョン・ヨハンが、ユン・ギュンサンを応援した。

 ユ・アインとピョン・ヨハンは3月に放映終了したSBSドラマ「六龍が飛ぶ」で親しくなったユン・ギュンサンのために、最近彼が出演しているSBS月火ドラマ「ドクターズ」の撮影現場にコーヒー移動車を贈り、友情を誇示した。

ユン・ギュンサンのプロフィールと写真

 ユ・アインの応援に、ユン・ギュンサンはコーヒー移動車の前で前頭部にヘアピンを差し込んままのかわいい表情とポーズで認証ショットを残した。彼は、自分が演じたムヒュル、ユ・アインが演じたイ・バンウォンの写真が飾られたコーヒー移動車の前で手でハートを作り、感謝の気持ちを表した。「ムヒュル、暑いから苦労が多い」と書かれた旗の前では、唇を突き出して愛嬌あふれる表情を浮かべた。

 ピョン・ヨハンもまたユン・ギュンサンを応援するために、コーヒー移動車をプレゼントした。ピョン・ヨハンは、「ムヒュル、単独で医学部に行くのか? 」という気の利いたフレーズで楽しみをもたらした。

 これに対してユン・ギュンサンは、ピョン・ヨハンが贈ったコーヒー車を誇るように長い両腕を広げて感謝を表した。他の写真では不満があるようなしかめっ面な表情で「ところで、なぜ兄さん、写真だけイケメン写真を送ったの? イ・バンジ(ピョン・ヨハン扮)、どうしたんだ? 」という文を付け加え、笑いを誘った。

最終更新:8月13日(土)15時21分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。