ここから本文です

広島・丸弾で再び貯金20!でかしたDeNA守護神撃ち

デイリースポーツ 8月13日(土)6時3分配信

 「DeNA2-3広島」(12日、横浜スタジアム)

 広島が2試合連続、そして今季34度目の逆転勝利で2位・巨人とのゲーム差を6・5に広げた。1-2の八回に鈴木誠也外野手(21)の17号ソロで同点。九回には丸佳浩外野手(27)が決勝の14号ソロを右中間席にたたき込んだ。貯金を20に戻し、25年ぶりの頂点へ向けて着実に前へ進む。

 敵地で、丸が視線を独り占めした。右拳を力強く握ると、横浜の夜空に雄たけびを上げる。最終回。失投を見逃さず右中間席に放り込んだ。2試合連続で逆転勝利を呼びこむ14号決勝ソロは、守護神・山崎康から放ってみせた。

 「最高です。風にも声援にも乗ってスタンドに届いたと思う。諦めない、簡単には終わらないのがチームの方針ですから」

 2-2の九回1死。1ボール2ストライクから、ウイニングショットのツーシームが高めに浮いてきた。本塁打を狙った訳ではない。「追い込まれていたから何とかくらいついて。うまく反応できた」。次の打者につなぐ意識が、最高の結果を生んだ。

 七回まで石田の前にわずか3安打。得点は初回、自身の左前適時打のみだった。それでも左腕が交代した八回から反撃を開始。鈴木の同点ソロで振り出しに戻すと、勢いそのままに背番号「9」が試合を決めた。「打者が意地を見せてくれた。誠也に丸。丸は大したものだ」と緒方監督。指揮官が最大級の賛辞を贈った12球団トップの34度目の逆転勝利だ。

 勝負の8月戦線の序盤は投手陣が打ち込まれる場面が増えた。広島独特の暑さもあり疲労がないとは言えない。丸は「暑いのはみんな同じ」としながらも「ピッチャーの方がきつい。打者が優位な位置(点を奪い投手陣を助ける)にいなければ」と言いきった。チームリーダーとしての自覚と責任感が、その体を突き動かしている。

 リオ五輪に参加している広島・庄原市出身の金藤が、女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した。日本競泳女子史上最年長メダリストで、この種目では3人目の快挙だ。広島の街には歓喜の声が上がった。カープは首位を快走中。実りの秋を迎え、もっと大きな喜びで街全体を包みたい思いがある。

 2位・巨人とのゲーム差を「6・5」に広げた。逆転勝利が若い選手が多いチームに新たな推進力をもたらした。残りは35試合。「絶対に優勝したい」。丸の言葉がカープを愛する、全ての人の思いだ。

最終更新:8月13日(土)7時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]