ここから本文です

リオ五輪第3ラウンド開始 片山晋呉は序盤に一進一退

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月13日(土)20時21分配信

リオデジャネイロ五輪は13日、大会8日目を迎え、男子ゴルフは第3ラウンドが始まった。日本代表の片山晋呉は午前7時半(日本時間同日午後7時半)、通算7オーバーの58位から、第1組でティオフした。4番までに1バーディ、1ボギーとして伸ばせていない。

地球の裏側から直送!リオ五輪フォトギャラリー

片山は、1番(パー5)をパーとした。2番はティショットを左に曲げてバンカーに入れ、2打目をグリーンに載せられなかったが、3打目を1.5mに寄せてパーをセーブした。距離の短いパー4の3番で1オンに成功し、2パットでバーディを奪った。しかし、ティショットをバンカーに入れた4番(パー3)をボギーとした。

リオ近郊のオリンピックゴルフコース(パー71)が舞台。スタート時間前後の気温は16度、風は秒速2.85mと穏やかだが、湿度が87%と高い。

もう一人の日本代表の池田勇太は第1、第2ラウンドをそれぞれ「74」「69」でプレーした。通算1オーバーの37位から、午前8時52分(日本時間同日午後8時52分)にスタート。

第2ラウンド終了時点の首位には、通算10アンダーのマーカス・フレイザー(オーストラリア)が立っている。

最終更新:8月13日(土)21時52分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)