ここから本文です

由伸巨人、継投裏目で痛恨の連敗…高木中継ぎ起用に「抑えてほしかった」

デイリースポーツ 8月13日(土)6時3分配信

 「ヤクルト5-4巨人」(12日、神宮球場)

 ショックは大きかった。巨人は主力を欠くヤクルトに逆転負けを喫し、痛恨の2連敗。首位・広島とのゲーム差が6・5に開いた。高木勇人投手の中継ぎ起用が裏目となり、高橋由伸監督は「いいと思って使っているわけだから、抑えてほしかった」と唇をかんだ。

 1点リードの七回、マウンドに上がったのは先発から中継ぎに転向となった高木。1軍では7月7日の阪神戦以来の登板だった。フレッシュさも買われたとみられるが、右腕は期待に応えられず。七回は西田に同点の適時二塁打を打たれ、八回は2死から西浦に決勝ソロ被弾。勝ちパターンのマシソン、沢村へのつなぎ役を全うできなかった。

 本来、この日は菅野の登板日。だが、エースが左足親指にできた血豆の影響で出場選手登録を外れ、江柄子が先発した。右腕は4回1/3を3失点でKO。田原誠を中盤で投入する展開になったことも、チームの首を絞めた。高木は「結果が出ないと何を言っても意味がない」と落胆。逆転優勝へ、由伸巨人が正念場を迎えた。

最終更新:8月13日(土)7時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)