ここから本文です

【陸上】松永大介 20キロ競歩で日本人初の7位入賞

東スポWeb 8月13日(土)5時44分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ12日(日本時間13日)発】陸上男子20キロ競歩で、今季世界3位のタイムを持つ松永大介(21=東洋大)が1時間20分22秒でゴールし、この種目で日本人初の7位入賞を果たした。藤沢勇(28=ALSOK)は1時間22分03秒で21位、高橋英輝(23=富士通)は1時間24分59秒で42位だった。

 海岸沿いに設定された1周1キロのコースを20周する。序盤は国際大会ならではのスローペースで進み、日本勢はトップ集団で歩き続けた。10キロ手前で松永が集団を抜け出し、先に飛び出していたトム・ボスワース(英国)を追走。その後は15キロ手前で再び集団となり、松永ら約8人が上位争いを展開した。

 16キロを過ぎると、中国勢が飛び出し、縦長の展開。松永も食らいつくが、上位との差は広がり、18キロの時点では3位まで14秒差の7位に後退した。その後、有力選手のスパートでリードを広げられ、1時間20分22秒でゴール。7位入賞を果たした。
 松永は「メダルを狙っていたので悔しいですけど、競歩の歴史で入賞第1号は光栄」と話した。

 金メダルは王鎮(中国)で1時間19分14秒だった。

最終更新:8月13日(土)5時44分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。