ここから本文です

【J-NETWORK】女子キックのニューヒロインを決めるトーナメント開催

イーファイト 8/13(土) 22:07配信

 8月28日(日)東京・新宿FACEで開催の『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 5th』にて、国内通算戦績6戦以下の選手によるワンデイトーナメント「J-GIRLSフライ級(50.80kg以下)ニューヒロイントーナメント」が行われることが発表された。

【フォト】初対戦でドローとなった喜多村と山口

 J-GIRLSランキング入りが懸かったこのトーナメント。これまでにNJKFミネルヴァ・ライトフライ級王者・白築杏奈(2011年優勝者)や、J-GIRLSピン級王者キラッ☆Chihiro(2012年アトム級優勝者)といった女王たちを生み出してきた。

 今回の出場選手は喜多村美紀(テツジム)、真優(月心会 チーム侍)、山口遥花(仰拳塾)、狩野友里(Kick Box)に決定。対戦の組み合わせは、喜多村vs真優、山口vs狩野となった。また、トーナメント・リザーブマッチでは、ともにデビュー戦となる壽美(funny-G)と熊谷亜美(芦原会館東京本部西山道場)が対戦する。

 注目は山口と喜多村。両者はこれまでに2度対戦しており、山口が1勝1分けとリードする。

 現在16歳の現役女子高生である山口は空手で多数の入賞歴があり、アマチュア時代から高い評価を得てきた。昨年9月にプロデビューを飾り、キレのあるパンチを武器に活躍している。一方の喜多村は約7年の下積み時代を経て、昨年7月、29歳にしてプロデビューを果たした苦労人。得意の右ローキックで、山口から初勝利を狙う。

 狩野は昨年3月にタイで開催された世界アマチュアムエタイ選手権で3位に入った実力を持つ現在20歳の現役女子大生。在籍する大学ではキックボクシング部に所属し、男子部員とともに練習を重ねているという。

 また、真優は今年4月にプロデビューを果たしたばかりの16歳。空手仕込みの打撃を武器に、プロ第1戦目は一回り以上年上の外国人ファイターを相手にドローを演じる健闘を見せた。トーナメントでプロ初勝利を目指す。 

 トーナメントを制し、J-GIRLSフライ級ランキング入り、そして白築とキラッに続く未来のヒロインとなるのは一体誰なのか。

<追加対戦カード> 

▼J-GIRLSフライ級ニューヒロイン決定トーナメント 2分2R(延長1R)
喜多村美紀(テツジム)
vs
真優(まひろ/月心会 チーム侍)

▼J-GIRLSフライ級ニューヒロイン決定トーナメント 2分2R(延長1R)
山口遥花(仰拳塾)
vs
狩野友里(Kick Box)

▼J-GIRLSフライ級ニューヒロイン決定トーナメント リザーブマッチ 2分2R(延長1R)
壽美(ことみ/funny-G)※デビュー戦
vs
熊谷亜美(芦原会館東京本部西山道場)※デビュー戦

最終更新:8/13(土) 22:13

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]