ここから本文です

Apple Musicを仕切るノリノリの女性“Boz”はどんな人?

ITmedia PC USER 8月13日(土)11時6分配信

 夏休みの旅行や帰省のお供に、Apple Musicを楽しんでいる人も多いかと思います。そんなApple Musicの責任者(肩書はHead of Global Consumer Marketing, iTunes & Beats Music)、黒人女性のボゾマ・セイント・ジョン氏をご存じでしょうか。

【画像】ボウズさん、ノリノリです

 米Appleの年次開発者会議「WWDC 2016」で、ショッキングピンクのワンピにハイヒール、ボワボワのヘアスタイルで登壇したのは衝撃的でした。愛称はBoz(ボウズ)です。

 WWDCは毎年見てきましたが、大抵は(故スティーブ・ジョブズ氏以外は)ダンガリーシャツにチノパンの偉い人が製品を紹介し、女性が出るとしても(ダイバーシティー対策的に)短い製品デモを担当するというパターンでした。

 今回のApple Musicの新機能についても、インターネットソフトウェア&サービス担当上級副社長、エディ・キュー氏(この人は真っ赤なシャツでした)が紹介し、ボウズさんがデモをしたんですが、そのルックスだけでなく、リラックスした楽しそうなデモや、挙げ句に(オタクな人が多い)会場にクラッピングを強要し、退場も踊りながらというパフォーマンスに私は大層感銘を受けました。

 どんな人なんだろうと思っていたところ、米Fortuneと米Fast Companyのインタビューで、彼女の横顔が少し見えました。

 やはり、Apple生え抜きではなく、AppleのBeats買収でドクター・ドレーなどと一緒にAppleへ来た人でした。

 13歳のときにガーナ共和国から米国に移民し、コロラド州コロラドスプリングスで高校までを過ごしました。ガーナの公用語は英語なので、多分言葉には困らなかったでしょうけれど、友達をつくるためにはポップカルチャーの知識が助けになることに気付き、当時人気だったボン・ジョヴィやマイケル・ジャクソンの情報を積極的に吸収していったのが結果的に彼女のキャリアにつながりました。

 大学卒業後に最初に就職したのは、スパイク・リーの広告代理店。ここでジャネット・ジャクソンやビヨンセのCMを担当し、ビヨンセのCMでPepsiCo(ペプシ・コーラ)に注目され、引き抜かれます。PepsiCoでは2013年のスーパーボウルのビヨンセのステージなどを担当しました(今でも記憶に残るすごいステージでした)。

 キャリアは順調でしたが、このころ彼女は愛する夫をがんで失い、その後すぐBeatsに移りました。まだBeatsがAppleに買収される気配もなく、悲しみから立ち上がるためにロサンゼルスで愛娘と新生活を始めるのが目的だったようです。ドクター・ドレーはPepciCoでの彼女の実績を大きく買っていたそうです。

 で、AppleがBeatsを買収し、Apple内でメキメキ頭角を現したというわけでした。

 Apple Musicのあの人力キュレーション(個人的な感想ですが、Google Play Musicのアルゴリズムによるピックアップより何倍も良い)も、当初Apple Musicに懸念を表明していたテイラー・スウィフトをすてきなCM動画に引っ張りだしたのもボウズさんの功績。

 こんなボウズさんにFast Companyのリック・テッツェリ編集長が「女性でマイノリティー(黒人)だと男性の2倍頑張らないと出世できないという人が多いですが、どう思いますか?」と尋ねると「そういう質問ってすっごくおかしいといつも思う。だって私は自分の経験しか知らないから、他と比べようがないでしょう? 自分に『(黒人で女性じゃなかったら)どう違っただろう?』と尋ねるのは自分に対して不誠実だと思う。そんなことをしたら自分の成功、情熱、これまでの人生の価値を下げることになる。私の経験はこれしかない。懸命に働いた? もちろん。仕事に情熱を持ってる? ええ。将来もこの仕事を続けたい? 絶対に。誰にも邪魔されたくない? 邪魔しない方が身のためね」と答えています。

 彼女のTwitterをつらつら見ていたら、WWDCのステージに立ったときの衣装についてのツイートがありました。出身国ガーナのデザイナーの作品だったんですね。

最終更新:8月13日(土)22時51分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]