ここから本文です

じゃんけん大会敗退のHKT指原 次の目標は「新人発掘」

東スポWeb 8月13日(土)10時4分配信

 人気アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃(23)が11日、千葉・幕張メッセで行われた「AKB48グループじゃんけん大会2016予備戦」の2回戦で敗退。2012年にAKBからHKTに移籍して以来、5年連続で本戦出場を逃した。

 7回目を迎えるじゃんけん大会本戦は、10月10日に神戸ワールド記念ホールで開催。6月に行われた「第8回AKB48選抜総選挙」で史上初の連覇を達成した指原だが、じゃんけん大会との史上初の2冠の夢はかなわず。指原は「負けて悔しいので、卒業も視野に入れたいと思います」と笑顔でジョークを飛ばしながらも「今年こそは行きたかったんですけど。じゃんけん大会の空気も忘れてしまいました。来年こそは本戦出場したいと思います」とリベンジを誓った。

 そんな指原といえば、「来年にも指原初プロデュースアイドルが誕生する」と言われている。

「これまで指原はHKT48として日本武道館公演、明治座と博多座での座長公演などプロデュース力を発揮。ソロとしても『ゆび祭り』と題したアイドルイベントをプロデュースし、ももいろクローバーZ、ぱすぽ☆らライバルグループも出演させて成功させた。そんな指原が来年にも『3人から5人程度の少人数アイドルユニットをプロデュースしたい』と希望しているようですね」(関係者)

 指原は先日、アニメ専門学校「代々木アニメーション学院」のプロデューサーに作詞家・秋元康氏(58)らと就任した。

「“代アニ”には6月から『実践アイドルコース』としてアイドルの養成コースを開設してますが、指原自らが受講生たちを選抜し、デビューさせることになるでしょう。AKB48グループのプロデュース公演をしたいとも口にしていますし、プロデュースの手腕をどんどん磨く年になる」(前同)

 さしこはどんなユニットを誕生させるか。

最終更新:8月13日(土)10時4分

東スポWeb