ここから本文です

萩野 フェルプスに及ばず銀!気持ちはすでに東京へ「今欲しいのは強さ」

デイリースポーツ 8月13日(土)6時4分配信

 「リオ五輪・競泳男子200m個人メドレー・決勝」(11日、五輪水泳競技場)

 男子200メートル個人メドレー決勝で、萩野公介(21)=東洋大=が1分56秒61で銀メダルを獲得した。400メートル個人メドレーとの2冠は逃したが、800メートルリレーの銅と合わせて、北島康介氏らと並ぶ、大会3個目のメダルを手にした。4連覇したマイケル・フェルプス(31)=米国=には1秒95の差をつけられ、20年東京五輪を見据えてさらなる進化を誓った。

 すべてを出し切った。それでも憧れのフェルプスには、体2つ分も及ばない。「スピードが出ていなかった。肉体的にも精神的にも強さが足りていない」。銀メダルをぶら下げた萩野に喜びはなく、自身の“現在地”にぼうぜんと立ち尽くした。

 初日から4種目に出続けた疲労もある。それでも31歳の怪物相手に、勝負にもならなかったのがショックだった。「タフさが求められる中で、今の実力は100%出し切ったけど、果たして4年間培ったものを120%ここに置いてこられたか」。課題を強く感じた。

 ようやく手にした金メダルも通過点。全レースが終わり、視線は20年東京五輪に向けられた。「僕が今一番欲しいのは強さ。どうやったらもっと強くなれるかとすごく思う」。

 平井伯昌監督は今後について「(昨年骨折した)右肘の痛みが少し出ていた。この機会に手術するかも含めて考えたい」と体の状況を説明し、「短期で他のコーチに見てもらったり、欧州の試合に出ることも考えてる」と、海外への武者修行プランも明かした。

 大リーグ通算3000安打を達成したイチローには昔から憧れがあった。「誰よりも早く球場に来て練習するとか、臨むにおける準備がすごい」。日本人でも世界でトップに立つには-。4年後に向けて、その答えを探す旅に出る。

最終更新:8月13日(土)7時25分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]