ここから本文です

イルカにさわりたくなったらぬれたナスを用意!? 「仙台うみの杜水族館」がイルカの感触そっくりな“ナス”を展示中

ねとらぼ 8月13日(土)15時44分配信

 イルカのさわりごこちは「ぬれたナス」に似ているというツイートが話題となっています。

【話題の掲示(画像提供:t.dell(@asayamachainsaw)さん)】

 きっかけはt.dell(@asayamachainsaw)さんが投稿した「イルカにさわりたくなったらぬれたナスを用意してください」という掲示物のツイート。Twitterを中心に「マジか!」と話題になり、約1日で1万5000件以上リツイートされています。

 イルカの体はどんなさわりごこちだと思いますか?

 つるつる? ぶにょぶにょ? 硬そうにも見えますが、実際は弾力があり。よくゴムのようだといわれています。

 ですが、もう一つさらに身近なもので似ている感触をあげるのならば、ナスもイルカのさわりごこちに近いです。イルカにさわりたくなったらぬれたナスを用意してみてください。

 そんな話題の掲示を行っているのは、宮城県・仙台うみの杜水族館。広報担当者にお話を聞いてみると掲示だけでなく、イルカの感触にそっくりなぬれたナスも展示しているとのこと。す、すごい……!

 実はこちらの展示、7月16日から8月28日まで特別展示されている「特別展 イロワケイルカ学」の1つなのだそう。「パンダイルカ」とも呼ばれるイロワケイルカは白と黒の模様が特徴なイルカです。

 そんなイロワケイルカの生態を知ってもらおうと行っている特別展示では、ナスの展示以外にも、足でポンプを踏むとイロワケイルカの呼吸の強さを感じられる「呼吸の仕方」など、ギミックを使った多数の展示を行っています。

 また「ぬれナス、イルカの感触に似てる説」については、特別メジャーな説というわけではないそうなのですが、Twitterでは「ぬれたナスを用意しよう」や「新鮮なナスは確かにイルカ(の感触)に似ている」と試してみたいと思う人が多いようです。

 イルカに触れられる機会は少ないですが、ナスを洗ったときには「ほぉ、これがイルカか」などと感じてみたいですね。

(画像提供:t.dell(@asayamachainsaw)さん,仙台うみの杜水族館)

(Kikka)

最終更新:8月13日(土)15時44分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]