ここから本文です

【一問一答】錦織「一瞬信じられなかった」マッチポイント3度しのいで逆転

デイリースポーツ 8月13日(土)7時31分配信

 「リオ五輪・テニス男子シングルス・準々決勝」(12日、五輪テニスセンター)

 世界ランク7位の錦織圭(26)=日清食品=は同11位のモンフィス(フランス)とのフルセットの死闘を7-6、4-6、7-6で制し、準決勝進出を決めた。日本人96年ぶりの4強入りを果たし、メダル獲得に王手を掛けた。13日に行われる準決勝では世界ランク2位で、連覇を狙うアンディ・マレー(英国)と対戦する。

【写真】モンフィスに競り勝ってガッツポーズ

 以下は試合後の錦織との一問一答。

 -試合を終えて

 「1セット目をいい形で取って、2セット目もう少しギアを上げるべきでしたけど、彼(モンフィス)の守備も攻めもだんだんと良くなっていた。最後まで勝負はもつれて、特にファイナルはほぼ劣勢だったので、きわどい場面もたくさんありながらの逆転勝利。ひとまず嬉しいですね」

 -終わった瞬間は?

 「一瞬信じられなかったですね。(最終セットのタイブレークで)3-6だったし、ずっと劣勢だったので。逆転勝利できたのはすごく嬉しかったです」

 -準決勝ではマレーと対戦。

 「ここからがメダルが懸かる試合になるので、マレーというあんまり得意ではない、苦労している選手なので、しっかり頭をクリアにして臨みたい」

最終更新:8月13日(土)9時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]