ここから本文です

DeNA守護神・山崎康深刻…また救援失敗、ラミ監督も失投を強調

デイリースポーツ 8月13日(土)9時0分配信

 「DeNA2-3広島」(12日、横浜スタジアム)

 失投だった。同点の九回、DeNA・山崎康晃投手が広島・丸を追い込んでから投じた4球目だった。140キロのツーシームは、見入られたように外角高めに浮く。決勝弾はバックスクリーン右に飛び込んだ。

 ラミレス監督は「追い込んでからのボールがワンバウンドでもいいところをストライクゾーンに残した」と失投を強調した。

 継投も裏目に出た。先発の石田は7回1失点。四回以降は走者を許さず、85球の余力残しで降板したが、2番手・三上が同点被弾。シナリオは崩れた。

 そして守護神。8月はこれで登板6試合中5試合で失点し、3敗目と深刻な状態。指揮官は「彼がクローザーであることに疑う余地はない」と話したが、「彼自身がなぜ失投につながっているか確認しないといけない」と早期の原因究明を求めた。

最終更新:8月13日(土)9時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]