ここから本文です

海底にタコみたいなイカ 海洋探査船「ノーティラス」が撮影

ねとらぼ 8月13日(土)22時10分配信

 米カリフォルニア沖の海底で、「Stubby Squid(ずんぐりしたイカ)」と呼ばれる、タコみたいな見た目のイカが撮影されました。

【紫色のStubby Squid】

 Stubby Squidは「Rossia pacifica」の別名で、ダンゴイカ目に分類される小さなイカ。映像では、きれいな紫色の体に、おもちゃのようなはっきりとした目が主張していて、まるでCGみたいに見えます。すごい凝視してる……。

 撮影したのは、以前に紫色の謎の生物を発見した海洋調査団体Ocean Exploration Trustの海洋探査船「ノーティラス」。このイカ自体は、これまでも日本から南カリフォルニアまでの北太平洋で見られ、300メートルまでの深さで発見されていました。ノーティラスは深さ900メートルの位置で目撃。さらに、別のモントレー湾水族館研究所(MBARI)は1300メートルの深さで発見しているとのことです。

 動画はノーティラスのWebサイト、またFacebookページにも投稿され、「とてもかわいい!!」「ぬいぐるみみたい!」といったコメントが寄せられています。

最終更新:8月13日(土)22時10分

ねとらぼ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。