ここから本文です

【高校野球】明徳・馬淵監督が甲子園28勝 歴代3位タイ「何度勝ってもいい」

東スポWeb 8月13日(土)15時7分配信

 明徳義塾(高知)が境(鳥取)に7―2で快勝し、ベスト16に進出。名将・馬淵監督が2年ぶりにお立ち台で勝利インタビューを受けた。

 初回にランアンドヒットを成功させるなど采配も冴え、5失策と守備が乱れた境から7点を奪って大勝した。

 昨年、17回目の出場で初めて初戦敗退した。今春のセンバツも初戦で負けたため、3季ぶりの勝利となった馬淵監督は「久しぶりに勝って、この(勝利側の)お立ち台に立った。うれしいね」とほほを緩ませた。

 これで自身夏通算28勝。

 PL学園(大阪)の中村監督、常総学院(茨城)などを率いた木内監督を抜き、横浜(神奈川)の渡辺監督に並んで歴代3位タイとなった。「何度勝ってもいい。甲子園で校歌を歌えるのは何とも言えないですね」と喜びをかみしめた。

最終更新:8月13日(土)15時10分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)