ここから本文です

唐津商・谷口、ピクピク投法が功を奏するも…

デイリースポーツ 8月13日(土)10時42分配信

 「全国高校野球・2回戦、木更津総合2-0唐津商」(13日・甲子園球場)

 唐津商(佐賀)のエース・谷口優成投手(3年)は、独特の変則フォームで強豪の木更津総合打線を2失点に抑えたが、打線の援護がなかった。初回の投球練習からスタンドにざわめきを起こしたフォーム。苦心してつかんだ“自分だけの投球”が全国の舞台で通用することを証明した。

 「去年の冬から取り組み始めて、春の公式戦から使っていました」と谷口。投球時に軸足が伸び上がるクセがあり、それを修正するために左足を蹴り降ろすようになった。すると左足が地面に着くまで相反する動きのため、体がピクッ、ピクッと小刻みに揺れる。

 視察したスカウトら関係者は「ピクピク投法」と呼んでおり、甲子園練習でも報道陣から注目された。二回に3連打を含む4本の長短打で2点を失ったが「三回以降は自分の投球ができました」と追加点を許さなかった。

 センバツ8強の木更津総合を相手に2失点完投は胸を張れる結果。それでも本人は「トータルで2点に抑えられたのは良かったですけど、連打を浴びてしまった」と大粒の涙を流し、こみ上げる悔しさを抑えきれなかった。

 今後については大学に進学して野球を続ける予定。気になるフォームについては「普通にきれいな、スムーズなフォームで投げられるようになりたい」と言う。「これは今、力を出すためのフォーム。プロ野球選手みたいにスムーズにムダな動きをなくしたフォームにしたい」とピクピク投法にはこれで終止符を打つ考えだ。

 吉富俊一監督は「今のフォームになったのは、僕の指導不足。伸び上がるクセを矯正できなかった。まだ体に力がないので、体幹や下半身を鍛えればもっといいフォームで投げられると思う」と今後の成長に期待をかけていた。

最終更新:8月13日(土)11時7分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]