ここから本文です

【新日G1】天山 最後のG1が終わった…

東スポWeb 8月13日(土)16時44分配信

<新日本プロレス「G1クライマックス」東京・両国国技館大会(12日)>「最後のG1」と決意して臨んだ天山広吉(45)はSANADA(28)と対戦。大「天山コール」に背中を押されるようにアナコンダ殺法で攻めたが、最後はSkull Endに無念のギブアップ負けを喫した。

 試合後は出場権を譲渡してくれた盟友・小島聡(45)と抱擁。「結果がすべて。俺は最低やけど、コジは最高のパートナーですよ。いい夢を見させてもらった」と涙ながらに語った。3度のG1制覇を成し遂げ、21度の最多出場記録を作った猛牛最後の夏は、2勝7敗で終わった。

最終更新:8月13日(土)16時44分

東スポWeb