ここから本文です

【高校野球】「グラウンドに女子マネジャー」問題で意見聴取

東スポWeb 8月13日(土)17時41分配信

 大分の女子マネジャーが甲子園での練習中にグラウンドから退場させられた問題で、13日に行われた高野連の技術振興委員会で委員の見解が聴取された。

 この日は参加した委員9人とU―18日本代表のコーチを務める関東第一の米沢監督、敦賀気比の東監督から意見を聞いた。高野連の竹中事務局長は「ほとんどが(練習参加に)反対でした」と明かし「試合中に相手のマネジャーが目の前で送球が当たって骨折した人もいた。危険性は避けられない。高校野球は男子のみ大会に出られるという規定がある。大会に出られる男子がケガを負っても、ある程度、織り込み済みでやっている。それを考えた場合に、大会に出ることのできない女子にケガをするというリスクを負わせるというのは、どうか」と理由を語った。

 一方で地方の公立校などは部員数が少なく、女子マネジャーが手伝わないと練習すらままならない高校もある。「安全対策をしっかりした上で女子を参加できる道を考えていくのも一つの道ではないか」という意見も出た。竹中事務局長は「甲子園に出てくるチーム以外も全て加盟校。そこまで目を向けて、いろいろ話し合いながら」と方針を語った。

 この日は意見を聞くのみ。今後は9月末の全体審議委員会でも見解を問われ、11月の理事会で話し合いが行われる予定となっている。

 大分のマネジャー・首藤桃奈さん(3年)が2日の甲子園練習で、グラウンドにユニホーム姿で立ったが、女子の試合・練習への参加を認めない規定に違反しているとして退場させられ、大きな問題となっていた。

最終更新:8月13日(土)17時41分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]