ここから本文です

【バドミントン】女子ダブルス“タカマツ”貫禄の1位通過

東スポWeb 8月13日(土)23時16分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ13日発】バドミントン女子ダブルス1次リーグが行われ、すでに決勝トーナメント進出を決めているA組の“タカマツ”ペアこと高橋礼華(26)、松友美佐紀(24=ともに日本ユニシス)が、オランダのエーフィア・ムスケンス(27)、セレナピク組(24)を下した。

 第1ゲームを21―9、第2ゲームを21―11で連取。ゲームカウント2―0でストレート勝ちし、グループリーグ負けなしの3連勝で同組1位となった。

 高橋は「次につながる戦いになった」と語った。

最終更新:8月13日(土)23時16分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]