ここから本文です

センバツ覇者・智弁学園が2回戦敗退 春夏連覇逃す 九回、鳴門に勝ち越し許す

デイリースポーツ 8月13日(土)17時56分配信

 「全国高校野球・2回戦、鳴門5-2智弁学園」(13日、甲子園球場)

 センバツを制した智弁学園(奈良)が鳴門(徳島)に敗れ、春夏連覇を逃した。

 智弁学園は初回、2死一、二塁から高橋直暉内野手(3年)、村上頌樹投手(3年)の連続適時打で2点を先制したが、その後は無得点と沈黙した。

 鳴門は五回、2死二塁から鎌田航平内野手(3年)が放ったゴロを相手の二塁手が後逸し、二塁走者が生還。六回には1死三塁で矢竹将弥外野手(3年)が中前適時打を放ち、同点に追いついた。

 2-2の九回、鳴門は先頭の矢竹が右越え二塁打。2死満塁となった後、鎌田が右前打。右翼手の悪送球の間に走者がすべて生還し、3点を奪った。

最終更新:8月13日(土)18時4分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報