ここから本文です

阪神 先発・青柳&猛打賞・北條の若手活躍で3カードぶりの勝ち越し

デイリースポーツ 8月13日(土)21時28分配信

 「阪神5-2中日」(13日、京セラドーム大阪)

 阪神が若手の青柳、北條が投打に活躍し、2連勝で3カードぶりのカード勝ち越しを決めた。

 先発の青柳は中日打線を6回1安打無失点に抑えて4勝目(2敗)。「きのうのいい流れを持って行けるように投げました。打線の援護があったので楽に投げることができました」と振り返った。

 打線は初回、先頭・北條の左翼線二塁打をきっかけに1死三塁として、江越の一ゴロをビシエドが野選して先制。さらにジョーダンの暴投で追加点を奪った。北條は五回に2号ソロを放った。

 本塁打と2二塁打で今季6度目の猛打賞を記録した北條は、五回の2号本塁打について、「一本目もギリギリでしたが、今回も入るとは思わなかった。全力で走りました。チャンスでもっともっと打てるように頑張ります」とコメントした。

 中日は八回に代打攻勢で2点を奪ったが、反撃遅く4連敗。先発のジョーダンは5回3失点で5敗目(5勝)。

最終更新:8月13日(土)21時32分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報