ここから本文です

広島は今季5度目のサヨナラ負け 好投の黒田を援護できず

デイリースポーツ 8月13日(土)22時55分配信

 「DeNA2-1広島」(13日、横浜スタジアム)

 広島が延長十回、今季5度目のサヨナラ負けを喫した。先発の黒田博樹投手(41)が、7回を8安打1失点の粘投。35本塁打のDeNA4番、筒香から3三振を奪うなど、気迫の投球でナインを鼓舞した。

 ただ、延長十回に登板した藪田が、先頭桑原に左前打を許すと、最後は1死一、二塁から、筒香に右前打を浴び、サヨナラ負けを喫した。黒田は筒香相手に3三振を奪い、さらに3併殺など要所を締める投球を披露したが「石原のリード通りに投げた。それがいい結果になった」と淡々。チームを勝利に導くことができず「ここまできたら自分の成績どうこうじゃない。チームを勝たせたかった。それができなかったのが悔しい」と敗戦を悔やんだ。

 それでも2位・巨人も敗れて、ゲーム差は変わらず6・5。切り替えてカード勝ち越しを狙う。14日はヘーゲンズが来日初先発に挑む。緒方監督は「1人、1人、役割をしっかり全うして投げてもらい」と、総力戦で勝ちきる覚悟を示した。

最終更新:8月13日(土)23時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)