ここから本文です

桐生祥秀は10秒23で予選敗退「悔いはない」

デイリースポーツ 8月14日(日)0時49分配信

 「リオ五輪・陸上男子100m・予選」(13日、五輪スタジアム)

 予選7組の桐生祥秀(20)=東洋大=は10秒23の4位で、準決勝進出を逃した。準決勝には各組の2位までと、それ以外の選手の上位8選手が進むが、桐生は入れなかった。

 桐生は京都・洛南高3年だった13年と今年6月に日本歴代2位の10秒01をマーク。日本選手初の9秒台に期待がかっていたが、予選で姿を消すことになった。

 3連覇を目指すウサイン・ボルト(ジャマイカ)と同組だった。レース後には「自分の走りがうまくできたというか、悔いはないと思います。雰囲気は、ボルトがいることで全然違うんですけど、その中でも自分の走りをしようと心がけました」と振り返った。「4年前はオリンピックに出られるなんて考えていなかった。次の東京オリンピックで、4年間で僕はこれだけ成長したんで、またそのぶん成長したいと思います」と、次の東京五輪に目を向けた。

最終更新:8月14日(日)1時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]