ここから本文です

【F1】ハリアント 「700万ユーロ足りなかった」

ISM 8月13日(土)18時59分配信

 マノーのレースシートを失ったリオ・ハリアントは、その理由について700万ユーロ(約7億9000万円)の参戦資金が足りなかったことを明らかにしている。

 ハリアントは今年、マノーからF1デビューを果たしたが、ハンガリーGPまでの参戦資金しか持っておらず、その後のドイツGPには許可を得て参戦していた。

 ハリアントは夏休み中に追加資金を用意しなければならなかったが、それができず。マノーはエステバン・オコンとレースドライバー契約を交わし、ハリアントはリザーブドライバーに降格した。

 「彼ら(マノー)は、僕がドイツGPでレースをするのを許可して助けてくれた」とハリアントはインドネシアの『テンポ』紙に語った。

 「手持ちの資金では、ハンガリーGPまでしかレースをすることができないはずだった」

 「契約では、合計で1500万ユーロ(約16億9000万円)ということだった。800万ユーロ(約9億円)しか集めることができず、700万ユーロ足りなかった」

 またハリアントは、12レース参戦のために尽力してくれた支援者に感謝している。

 「インドネシアの人々から計り知れないほどの支援を受け、感謝している」とハリアントは語った。

 「残念ながら、マノーとの契約上の義務に従うための資金が不足したことで、今シーズンはドイツGPで終わってしまった」

 「ドライバーとしてサーキットに戻れることを期待している」(情報提供:GP Update)

最終更新:8月13日(土)18時59分

ISM