ここから本文です

ケンブリッジ、山県が準決勝進出 桐生は敗退

デイリースポーツ 8月14日(日)1時40分配信

 「リオ五輪・陸上男子100m・予選」(13日、五輪スタジアム) 4組のケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=は10秒13の同組2位、8組の山県亮太(24)=セイコーホールディングス=は10秒20で同組2位に入り、ともに準決勝に進んだ。7組の桐生祥秀(20)=東洋大=は10秒23の4位で、準決勝進出を逃した。

 準決勝には各組の2位までと、それ以外の選手のタイム上位8人が進む。ケンブリッジと山県は順位で準決勝進出を決めたが、4位だった桐生はタイムでも上位8人に入れなかった。

 ケンブリッジは「一安心です。うまく調整できたのが試合に出せたかなと思います」と笑顔を浮かべ、山県は「とにかく前見てだけ走ろうと思ったので。少し崩れた場面もあったんですけど、全体としては悪くなかったと思います」と振り返った。

 予選敗退となった桐生は「自分の走りがうまくできたというか、悔いはないと思います」と話し、「次の東京オリンピックで、4年間で僕はこれだけ成長したんで、またそのぶん成長したいと思います」と、4年後の東京五輪に目を向けた。

最終更新:8月14日(日)1時46分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]