ここから本文です

桐生、ボルトに沸くスタジアムにのまれた?日本勢唯一の予選落ち

デイリースポーツ 8月14日(日)1時42分配信

 「リオ五輪・陸上男子100m・予選」(13日、五輪スタジアム)

 日本勢はケンブリッジ飛鳥(23)=ドーム=が10秒13で4組2位、山県亮太(24)=セイコーホールディングス=が10秒20で8組2位に入り、14日の準決勝進出を決めた。ただ、桐生祥秀(20)=東洋大=は10秒23で7組4位に終わり、予選敗退となった。

【写真】予選落ちした桐生、思わず横目で…

 桐生にとって待ち焦がれた夢舞台での戦いはあっという間に終わってしまった。「なんというか、思いっきり行ったので別に後悔はない。すごく楽しい100メートルだった。悔いがないわけじゃないけど」。憧れのウサイン・ボルト(ジャマイカ)と同組。千両役者の登場にスタジアムは予選にも関わらず大興奮。余裕のボルトが手を振る度に、大歓声が降り注いだ。

 一瞬の静寂の後のスタート。ただ、世界の壁は厚い。中盤以降は一気に離され、3着争いも競り負けた。タイムも自己ベスト(10秒01)に遠く及ばない。桐生自身は「細かいことはまだ。硬かった?そういう風に見えたなら、そういうことなのかな」と話したが、100%の力を出し切ったとは言いがたい。

 4年前はまだ「速い高校生」でしかなかった。「4年前に五輪に出るとか想像もしてなかった」と桐生。だからこそ、ここから20年東京五輪までの4年に希望を抱く。「4年で人は変われる。変わっていきたい」。この経験を糧にして、成長を加速させる。

最終更新:8月14日(日)14時0分

デイリースポーツ