ここから本文です

次世代ミュージカル少女たちの舞台『ココ・スマイル』上演

デビュー 8月13日(土)15時55分配信

 1999年の初演から18年にわたって愛されているファミリーミュージカル『ココ・スマイル』。その最新作『ココ・スマイル7~夏色のマイソング~』が8月17日~21日、シアターサンモールにて上演される。

【写真】『ココ・スマイル』キャストの写真

 『ココ・スマイル』を制作するジョーズカンパニーの作品からは、過去にはSKE48・佐藤すみれ、AKB48・村山彩希、乃木坂46・生田絵梨花/能條愛未、アンジュルム・田村芽実、Juice=Juice・高木紗友希ら現アイドルグループのメンバー、劇団ハーベストのメンバーで『花より男子 The Musical』の牧野つくし役を演じた加藤梨里香ら多彩な人材、そして『アニー』など人気ミュージカル舞台で活躍する若き女優も多数巣立っている。

 シリーズ第7弾は、主人公・ココと少女たちが冒険の旅に出て、たどり着いた島で不思議な出来事が起こるというストーリー。子どもたちがさまざまな問題を乗り越えていく中で、テーマに「精一杯生きていくことの大切さ」を加え、現代の子供たちの視点から様々な想いを訴え、たくましく成長していく姿を捉えた作品だ。

 今回の公演でも出演者オーディションが実施され、応募総数447名から主人公ココ役を含むダブルキャストが選ばれた。ココ役・芹田夏恋は「本番では舞台を観た方に“この舞台面白かったね、また観に来たい”って行ってもらえるような、明るく元気なココを演じたいです」と言い、同じくココ役・小松穂葉は「夏の暑い中足を運んでいただいた方のためにも、ココの気持ちをちゃんと理解して、この作品の伝えたいことがちゃんとお客さんに伝わるように頑張ります」と意気込む。

 主要キャストの一条なぎさ役・角田珠沙は「自分はミュージカルに出たことがないので“人生初のミュージカル”として、いい幕開けになるといいな、人間として成長できたらなと思います」、同じくなぎさ役・小島一華は「舞台はお客さんと近くて、お客さんの反応をその場で生で観られるから大好きです。本番は真夏なんですけど、夏って元気なイメージがあるので、明るく元気に頑張っていきたい」と期待を込めて語った。

 舞台を通じて急成長中の次世代ミュージカル女優のはつらつとした演技をぜひ劇場で。『ココ・スマイル7~夏色のマイソング~』が8月17日(水)~21日(日)まで、シアターサンモールにて上演。

最終更新:8月13日(土)15時55分

デビュー