ここから本文です

オーストラリア代表、ひざ負傷のA.ボーガットが中国戦を欠場

ISM 8月13日(土)17時47分配信

 リオデジャネイロ五輪バスケットボール男子にオーストラリア代表として出場しているセンターのアンドリュー・ボーガットが、痛めている左ひざを休ませるため、現地12日に行われた1次リーグA組の中国戦を欠場した。試合は、オーストラリアが93対68で中国に快勝し、3勝目(1敗)を飾った。

 ボーガットは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのメンバーとして出場した昨季のNBAファイナルでひざを打撲。五輪出場の可能性は消えたかに思われたが、懸命なリハビリのかいあって母国のためにプレーするチャンスを掴んだ。

 米国を苦しめながらも88対98で惜敗した前回の試合では、26分間の出場で15得点をマーク。第4Q途中、インサイドでの接触プレーの後にゆっくり歩きながらベンチに下がると、終盤はコートに戻らなかった。

 元シカゴ・ブルズのセンターでオーストラリア代表のルーク・ロングリーACは、ボーガットのひざの状況について「少し痛みがある」とコメント。「今はケガから回復しているところ。しばらくプレーもしていなかった。彼には休養が必要だった。想定内のことだ」と語った。

 五輪バスケットボール男子で初のメダル獲得を目指すオーストラリアは、キャメロン・ベアストウが17得点、アロン・ベインズは12得点をマーク。また、ガードのパティ・ミルズとマシュー・デラベドーバを温存し、出場時間を20分未満にとどめた。

 一方、勝ち星なしの4連敗となった中国は、元NBA選手のイー・ジャンリンが20得点を記録した。(STATS-AP)

最終更新:8月13日(土)17時47分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]