ここから本文です

【GOLF】崎山、後半に崩れ23位タイ後退 「66」のJ.シンドラーが首位浮上

ISM 8月13日(土)8時57分配信

 米チャンピオンズツアーの今季メジャー最終戦 全米シニアオープンは現地時間12日、オハイオ州のサイオートCCで第2ラウンドの競技を終了。崎山武志は4オーバー74とスコアを落とし、通算3オーバー23位タイに後退した。

 初日7位タイと好発進を決めた崎山。この日も出だしの2番でボギーを喫したが、7番と9番ではバーディを奪うなど、前半はイーブンパーで折り返す。しかし、13番から4連続ボギーを叩くと、後半はバーディをマークすることができず。トータル2バーディ、6ボギーの内容でトップとは8打差となった。

 また、その他日本勢は48位タイから出た室田淳が、4オーバー74とスコアを落としながらも、通算7オーバー58位タイとカットライン上で予選ラウンドを突破。81位タイからの巻き返しを狙った井戸木鴻樹は、2バーディ、6ボギーの4オーバー74と崩れ、通算10オーバー76位タイで決勝ラウンド進出を逃している。

 リーダーボードのトップは5バーディ、1ボギーの4アンダー66で回り、通算5アンダーまでスコアを伸ばしたジョーイ・シンドラー(米)。トップと1打差の単独2位にはビリー・メイフェア(米)、通算3アンダー単独3位にはジーン・ソアーズ(米)がつけている。また、2位タイから出たミゲール・A・ヒメネス(スペイン)は、イーブンパー70と伸び悩み、通算2アンダー4位タイで週末を迎える。

 初日単独トップのビジェイ・シン(フィジー)は5オーバー75で、昨季王者ジェフ・マガート(米)らと並び、通算1オーバー8位タイに後退。トム・ワトソン(米)、ジョー・デュラント(米)らが通算2オーバー14位タイとなっている。現在賞金ランキング1位のベルンハルト・ランガー(独)は、3バーディ、3ボギーのイーブンパー70で回り、通算3オーバー23位タイとなっている。

最終更新:8月13日(土)8時57分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]