ここから本文です

【GOLF】3打差に21人の大混戦! 上原、吉田ら5人が首位に並ぶ

ISM 8月13日(土)15時27分配信

 国内女子ツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメントが13日、NEC軽井沢72ゴルフ北コースを舞台に第2ラウンドの競技を終了。通算8アンダーの首位に上原彩子、吉田弓美子、佐伯三貴、全美貞、李知姫(ともに韓)の5人が並び、トップから3打差までに21人がひしめく大混戦で最終日を迎えることとなった。

 米ツアーから帰国参戦の上原に、吉田、佐伯はいずれもバーディ合戦の波に乗る6アンダー「66」で20位タイからの浮上。上原はノーボギーの2アンダーで迎えた後半14番から、5ホール4バーディのチャージでリーダーボードを駆け上がった。今季トップ10入り10回も勝利のない吉田は、16番パー5でイーグルを奪うなど、1イーグル、4バーディ、ノーボギーで首位グループに食い込んでいる。

 前日首位タイの李は1番ボギー発進から中盤伸び悩んで後退も、2アンダー70にまとめて好位置をキープ。李と同じく今季1勝の全は4アンダー68での浮上となった。首位と1打差の通算7アンダー6位タイには今季初勝利の欲しい笠りつ子や、2週前にプロテストをトップ合格したばかりの永井花奈、そして青木瀬令奈、堀琴音、イ・ナリ(韓)の5人が続く。

 以下、通算6アンダー11位タイに西山ゆかり、藤田光里ら4人。通算5アンダー15位タイには横峯さくらや、香妻琴乃、森田遥、アマチュアの小祝さくら(飛鳥未来高3年)ら7人が並ぶ。そのほか、この日3つスコアを落とした渡邉彩香は前日首位タイから通算3アンダー29位タイに後退。今大会が開幕戦以来の出場となった諸見里しのぶは通算6オーバー94位タイで予選落ちとなっている。

最終更新:8月13日(土)16時0分

ISM