ここから本文です

株初心者は必ず見ておきたい投資情報源5選

投信1 8月13日(土)12時0分配信

株式投資をこれから始めようとする人は、どんな情報を入手しているのでしょうか。退職金や相続で少しまとまった資産ができたので運用を始めてみようという方もいれば、将来のことを考えて資産形成をしてみようという方もいるかと思います。

ただ、思い立ってはみても、”これまで投資や運用など経験がないし、どうすればいいだろう?”とお困りの方もいるのではないでしょうか。今回は、どのような投資情報が日々の資産運用に役立つのか、またその特徴などについてまとめてみました。

株式投資に必要不可欠な情報とは?

株式投資の醍醐味は何といっても値上がり益ですが、それ以外にも配当収入や株主優待の特典があります。株式投資初心者には、株主優待に期待して始めたいと思っている方も少なくないと思います。

しかし、株主優待も企業の収益が伴っていなくては継続的な実施が難しくなります。これは配当も同じです。したがって、株式投資を始めるからには、企業の収益や決算動向を確認することが必要となります。企業の業績動向を確認するという道は、すべてに通じるものなのです。

投資情報はどう活用すればいいのか?

インターネットの普及もあり、投資に関しては山のような情報誌・メディアがあることはご存知だと思います。また、投資情報を入手するコストも無料・有料含めて様々です。

投資情報は、資産運用という長い旅に出るためのガイドブックと位置づけるのがいいかもしれません。自分の旅にはどのような情報が必要なのか、お金を出してまで入手する必要があるのかといったことを判断していけばよいと思います。

また、投資情報は、最終的には自分の投資判断を養うツールにできるような心づもりで活用しましょう。

機関投資家と呼ばれるプロの投資家も、初めは証券会社の調査レポートなどを参考にしながら投資判断を行います。そうしたことを続けると、数年後には公開情報などの1次情報などから自分で投資判断を行えるようになります。個人投資家の皆さんも、効率的に投資情報を入手し、それを読み込むことに慣れていけば、自分なりの判断ができるようになるでしょう。

それでは、具体的な情報源について見ていきます。

1/3ページ

最終更新:8月13日(土)12時15分

投信1

チャート

イオン8267
1489円、前日比-32円 - 9月30日 15時0分