ここから本文です

賃金未払いのインドカレー店、新経営者決まり雇用継続「支援に心から深く深く感謝」

弁護士ドットコム 8/13(土) 17:17配信

外国人スタッフへの賃金未払いと突然の解雇問題で揺れた東京都のインドカレー店「シャンティ」。このたび新しい経営者が決まり、インドやバングラデシュ出身の外国人スタッフ15人中10人が8月12日、労働契約書にサインした。毎月20万円の給料と寮が提供される。残る5人のうち、1人が契約予定で、4人は別の道に進むという。シャンティのスタッフがツイッターで明らかにした。

シャンティは今年6月、ツイッター上で店先に張られた「私達は6月20日で解雇・お店閉鎖を通告されています。賃金も2年払われていません。皆さん助けてください」というメッセージが拡散され有名になった。経営難で2015年ごろから給料の支払いが滞り、今年に入ってからは1円も支払われていなかったという。また、今年2月に「寮」が火事で焼けてしまったため、スタッフの多くが、店内で寝泊まりしていた。

元の運営会社は現在、破産手続き中。スタッフたちは労働組合をつくり、6月末の営業停止後、店舗に居抜きで入ってもらえる新しい経営者を探していた。スタッフはツイッター上で次のように感謝の思いをつづっている。

「新しい社長神野さんと指宿弁護士とシャンティスタッフ一同を支えてくれた日本国民の支援者のみなさまに今までカンパしてくれたことと、助言を出してくれたことを心から深く深く感謝申し上げます」

今後は「南大塚店以外3店舗を9月中に、あと2店舗を11月中にオープンする予定」だという。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:8/15(月) 10:41

弁護士ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。