ここから本文です

マクドナルドは健康志向を捨て、ジャンク路線に進んだのか?

BuzzFeed Japan 8月13日(土)7時57分配信

マクドナルドが期間限定で展開している「朝の必勝コンビ」。

ラインナップは、「メガマック」や「メガマフィン」「タブルフィレオフィッシュ」など。おおよそ朝食としては”重め”なものです。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

このメニューに対し、ネットユーザーから以下のような声が挙がっています。

「健康を意識したメニューなんて論外でしょ。マクドナルドは迷走の末にようやく自分の進むべき道に辿り着いたようだ」

「味を全力でジャンク方面に振り切っており悪くない」

「高カロリーでぶん殴るスタイル嫌いじゃない」

「健康志向を捨て、本来のジャンク志向に変えた」と絶賛する声。

品質管理問題などで業績が悪化していたマクドナルド。そこから脱却しようと、2015年5月以降、家族連れや女性をターゲットにした健康志向のメニューを展開してきました。

ネットユーザーがいうように、マクドナルドは”健康志向”を捨てたのでしょうか? BuzzFeedは同社PR担当に意図を聞きました。

ーー今回の「朝の必勝コンビ」、経営戦略の変更なのか?

「同メニューは、リオ五輪のキャンペーンメニュー。今大会は、時差で応援が朝方まで続きます。それを想定し、朝から元気が出るようにボリュームのあるメニューを展開しています。決して経営戦略を変える意図はありません」

ーーネットユーザーから、「本来のマクドナルドが戻ってきた」と絶賛する声が挙がっている。

「お客様に喜んでもらえて、本当にうれしく思います。ただ、健康志向を捨てたというわけではなく、今後も野菜や低カロリーのものを使ったメニューを展開していく予定です」

12月期の中間決算は、売り上げの回復などで営業損益が2期ぶりに黒字となったマクドナルド。

今後は、どのようなメニューが展開されていくのでしょうか。ファーストフード界の王者、復活の鍵はどこに。

最終更新:8月13日(土)11時12分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]