ここから本文です

100歳のロブスター、レストラン行きは免れたけど…

ギズモード・ジャパン 8月13日(土)12時10分配信

皮肉とはこのこと。

フロリダのとあるディナーテーブル。そこには食事になるべく調理される直前のロブスターが。でもこのロブスター、なんと体重およそ7キロ、御年100歳! それを知った動物愛護運動家が悲鳴をあげて「レスキュー」に向かったそうです。メイン州にある水族館へ移送する手はずを整え、ラリーという名前もちゃんとつけました。

このラリー。水族館どころかお空へ昇っていってしまいました。そう、死んでしまったのです。ラリーの死の原因は、まさかのレスキューするために現れた動物愛護運動団体でした。

もともとフロリダで食べられてしまうはずだったラリー。あまりの大きさに地元でニュースになり、それが動物愛護運動団体「iRescue」の目に留まったわけです。募金を募り、氷と保冷剤の入った発泡スチロールの箱にラリーを入れて、フロリダからメインに移送することになりました。フロリダからメインまでは1日で着くはず...だったんですが、なんと1週間経ってもラリーは到着せず。

ラリーが配送用にパッキングされた際、運送会社のFedExは配送を拒否。ラリーが入れられていた発泡スチロールは水が漏れるからという理由でした。iRescueはラリーをいったん引きとり、仮の水槽にいれます。

そして8日後。違う種類の水が漏れない発泡スチロールの箱にいれて、もう一度トライ。こうしてラリーはやっと配送され、無事にメイン州水族館に着いたのですが、翌日死んでしまいました。

メイン州Department of Marine ResourcesのスポークスマンのJeff Nicholsさんが「うーん、ちょっとさすがに回り道が多すぎたんでは」と語っています。「もっとたくさんの保冷剤が必要だったと思います。だって3つしか入ってなかったんですから」とのこと。ちょっとちょっと! もっと入れようよ。すったもんだしたあげく、3つの保冷剤って...。

助けようとした努力は認めるべきなのかもしれませんが、他の動物愛護団体によると、結局のところラリーは水族館のようなところでは、うまく生きられなかったかもしれないと話しているそうです。

動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)は、メイン州水族館に「高齢のラリーには、自由で平和な老後を過ごさせるべきだ」と抗議したそうですが、それ以前に死んでしまったというとても皮肉な結果になってしまいました。

結局、ゴミ箱に捨てられてしまったんでしょうか。それならおいしく食べられてたほうが、ラリーも幸せだったのかも?

image by ABC News via YouTube

Source: Portland Press Herald、ABC News

Matt Novak - Gizmodo US[原文]

(リョウコ)

最終更新:8月13日(土)12時10分

ギズモード・ジャパン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。