ここから本文です

改装中のハイアライカジノ、今年末オープン見通し=マカオの老舗カジノブランド

マカオ新聞 8月13日(土)15時53分配信

マカオの老舗カジノブランドのひとつとして知られ、マカオ外港フェリーターミナルに近い新口岸地区に位置するハイアライ(回力)カジノだが、1970年代に建てられたビルの老朽化のため2013年から営業を一時中止して全館改修工事が行われている。当初計画から遅延しているが、ようやく再オープンのメドがついたようだ。

ハイアライカジノの運営会社で、マカオのカジノ運営ライセンスを保有する6陣営の一角にあたるSJMホールディングスのアンブロース・ソーCEOは8月11日に開催されたグループ会社の記者発表会に出席した際、今年(2016年)秋にも改修工事を終えるとの見通しを明らかにした。今後、スケジュール通り工事が進めば、再オープン時期は年末となりそうだ。

SJMホールディングスがこれまでに発表した情報によれば、再オープンを機にビル名称が「ハイアライパレス」に変更を予定しているとのこと。中核となるカジノに加え、130室規模のホテル、テナントによるレストランやショップを併設し、隣接する区画に建つオセアナス(回力海立方)カジノと空中通路で直結するという。

このほか、ソー氏によれば、SJMホールディングスがマカオ・コタイ地区で開発を進める大型IR(統合型リゾート)グランドリスボアパレスについて、2017年末までの完工を見込んでいるとし、オープン時期は2018年になるとの見通しを示した。

最終更新:8月13日(土)15時53分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。