ここから本文です

【柔道】小川直也「勝負に徹していたリネール。オレの目には原沢くん完敗と映ったね」

東スポWeb 8月13日(土)10時35分配信

【小川直也「暴走☆レッドゾーン」】オイッス! 原沢久喜くん(24=日本中央競馬会)はリオ五輪柔道男子100キロ超級で銀メダルか。決勝はみなさん「惜しかった」と見られたと思うけれど、オレの目には「完敗」と映ったね。

 あとでビデオを見直したんだけど、テディ・リネール(27=フランス)は4度技を仕掛けていた。これに対して原沢くんはゼロ。まったく組ませてもらえなかったとはいえ、それじゃ勝てないよ。

 逆にリネールはさすがだね。初対戦の原沢くんに慎重にいって、勝負に徹していた。観衆のブーイングもリネールへの期待の裏返しだからね~。あえて厳しいことを言うけれど、原沢くん自身が何もできなくて一番悔しかったんじゃないかな。

 ただ、原沢くんが決勝まで行ったことは評価したい。男子は全階級メダルとなって上出来。目標の東京五輪へ向けて若いメンバーで臨んでこの結果だから、期待が持てるね。井上監督の手腕は評価されていいよ。

 逆に女子は心配。山部佳苗さん(25=ミキハウス)は惜しかった(女子78キロ超級銅メダル)けど、東京に向けては…という面では厳しいね。正直、メンバーにはベテランも多かったから東京への見通しは立たなかったな。まあ、女子は新体制で再建途中ということもあるから、あえて若い選手を使ってもよかったんじゃないかな。

 さて、これでリオ五輪の柔道は終わり。次は東京五輪だけど…4年後は巨大化したリネールを誰かが倒さなきゃいかん。オレは息子(小川雄勢=20、明大)に会うたびに「リネールを倒せ!」と言ってるんだ。東スポの読者にしか言わないけれど、ぜひ期待して、応援してやってください!

(バルセロナ五輪柔道95キロ超級銀メダリスト)

最終更新:8月13日(土)10時46分

東スポWeb