ここから本文です

ゴジラはこう生まれた。映画「シン・ゴジラ」のCGの裏側

ギズモード・ジャパン 8月13日(土)15時10分配信

現実対白組

公開されて以来、大きな話題となり、マンガ家の島本和彦さんも打ちのめされたと語っている、庵野秀明監督の怪獣映画「シン・ゴジラ」。

実写VFXで定評のある白組が手がけた、本作のCGのメイキング映像が公開されています。大きなネタバレはありませんが、作品をまだ見ていない方はご注意ください。

こちら(https://youtu.be/66SAVZ4JxY8)は東宝MOVIEチャンネルにアップされたもの。

本作の主役であるゴジラは、雛形スキャンモデルで造形を検討してから、デジタル・スカラプティング、ペインティングールの「Zbrush」でディテールを作り込んでいます。シーンライティングの下でモデルの質感をチェックしてからフィックスという流れです。

ゴジラのモーションはキャプチャーデータをベースにした、walkcycleアニメーション狂言師の野村萬斎さんです。

陸軍、海軍、空軍の全面協力により、本物の戦闘機や輸送ヘリなども本作には登場しましたが、動画を見るとCGの戦車やヘリコプターも作られています。

CGも「シン・ゴジラ」の世界観の構築に貢献していたことがわかったところで、あの興奮と感動とスケールの大きさを、もう一度劇場で鑑賞してみてはいかがでしょうか。

image: YouTube
source: YouTube

最終更新:8月13日(土)15時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]