ここから本文です

「カンカン」音のペースが急上昇する踏切、その音を聞いてみた

乗りものニュース 8月13日(土)7時0分配信

知らない人は故障と勘違いも?

 踏切音といえばどんな音を想像しますか。普通は「カンカン」という音が一定ペースで鳴り響くものを思い浮かべますが、京成電鉄の路線にある大半の踏切は音のペースが“上昇”することがあります。その理由は何でしょうか。

【動画】「カンカン」のペースが上がる京成電鉄の踏切

 この踏切を製造している京三製作所によると、京成電鉄の踏切では最初の列車が通過して、続いて反対方向から2本目の列車が来るときにだけ「カンカン」の速度が上がるのだそうです。これを知らない人が見ると「故障かも」と勘違いするかもしれません。

 京三製作所の警報音発生器には通常タイプと低音階タイプの2種類があり、京成電鉄に納入しているのは通常タイプとのこと。ただし「カンカン」のペースが上がるようにした特殊仕様だといいます。

 納入時期は20~30年前で、京成電鉄が当時どのような意図を持っていたかは不明ですが、ほかの鉄道会社にこの特殊仕様の警報音発生器を納入した実績はないとのことです。

青山陽市郎(乗りものニュース編集部)

最終更新:8月13日(土)7時8分

乗りものニュース