ここから本文です

「復興、オールジャパンで」 今村大臣、就任後初の帰佐

佐賀新聞 8月13日(土)11時19分配信

知事らと会談、職責へ思い

 今村雅弘復興相は12日、大臣就任後初めて帰佐し、山口祥義知事らと会談した。訪問する先々で祝福を受けた今村氏は「(被災地の復興は)オールジャパンでやらないといけない」などと職責への思いを語った。

 県庁では山口知事と副島良彦副知事が対応した。「現場を大事にされる大臣。県民も喜んでいる」などとお祝いの言葉を掛け、「熊本地震の検証もやりたいところがあったので、いいタイミングで大臣になっていただいた」と述べた。

 今村氏は「復興庁がやってきた政策や経験は、熊本も含めていろんなところの参考になる」として庁内に相談窓口の整備を指示していることを明かした。

 また県議会棟も訪れ、中倉政義議長、桃崎峰人副議長と懇談した。「なかなか地元に帰ってこられないと思いますが」と多忙さを気遣う言葉に対し、「今はそれが県民へのご恩返しだと思っている」と答えた。

 地元の鹿島市では、故大塚清次郎参院議員や後援会会長も務めた故吉田博男東亜工機元会長らの墓前に大臣就任を報告した。

最終更新:8月13日(土)11時19分

佐賀新聞