ここから本文です

錦織がモンフィスとのフルセットを制して4強 [リオ五輪テニス競技]

THE TENNIS DAILY 8/13(土) 6:55配信

「リオデジャネイロ五輪テニス競技」(8月6~14日/オリンピックテニスセンター:バーハ・オリンピック・パーク/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第4シードの錦織圭(日清食品)が第6シードのガエル・モンフィス(フランス)を7-6(4) 4-6 7-6(6)で破り、ベスト4進出を果たした。

リオ五輪は「メダルを狙って頑張りたい」と錦織

 この結果で錦織は、モンフィスに負けなしの3連勝。今シーズンは3月にマイアミ(ATP1000/ハードコート)の準々決勝で対戦し、錦織が4-6 6-3 7-6(3)で勝っていた。

 今大会での錦織は1回戦でアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-2 6-4で、2回戦でジョン・ミルマン(オーストラリア)を7-6(4) 6-4で、3回戦ではアンドレイ・マルティン(スロバキア)を6-2 6-2で倒して勝ち上がっていた。

 錦織は準決勝で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは準々決勝で、第12シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-0 4-6 7-6(2)で下しての勝ち上がり。

 もう一方の準決勝は、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)とフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の顔合わせとなった。ナダルは地元選手のトーマス・ベルッチ(ブラジル)を2-6 6-4 6-2で、デル ポトロは第10シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を7-5 7-6(4)で破っている。

 オリンピックには2008年の北京、2012年のロンドンに続いて3度目の出場となる錦織。北京では初戦敗退に終わったが、ロンドンでは準々決勝に進出し、銅メダルを獲得したデル ポトロに4-6 6-7(4)で敗れていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:RIO DE JANEIRO, BRAZIL - AUGUST 12: Kei Nishikori of Japan celebrates winning the first set against Gael Monfils of France in the Men's Singles Quarterfinal on Day 7 of the Rio 2016 Olympic Games at the Olympic Tennis Centre on August 12, 2016 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

最終更新:8/13(土) 6:57

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。