ここから本文です

錦織がモンフィスとのフルセットを制して4強 [リオ五輪テニス競技]

THE TENNIS DAILY 8月13日(土)6時55分配信

「リオデジャネイロ五輪テニス競技」(8月6~14日/オリンピックテニスセンター:バーハ・オリンピック・パーク/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第4シードの錦織圭(日清食品)が第6シードのガエル・モンフィス(フランス)を7-6(4) 4-6 7-6(6)で破り、ベスト4進出を果たした。

リオ五輪は「メダルを狙って頑張りたい」と錦織

 この結果で錦織は、モンフィスに負けなしの3連勝。今シーズンは3月にマイアミ(ATP1000/ハードコート)の準々決勝で対戦し、錦織が4-6 6-3 7-6(3)で勝っていた。

 今大会での錦織は1回戦でアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)を6-2 6-4で、2回戦でジョン・ミルマン(オーストラリア)を7-6(4) 6-4で、3回戦ではアンドレイ・マルティン(スロバキア)を6-2 6-2で倒して勝ち上がっていた。

 錦織は準決勝で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは準々決勝で、第12シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-0 4-6 7-6(2)で下しての勝ち上がり。

 もう一方の準決勝は、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)とフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の顔合わせとなった。ナダルは地元選手のトーマス・ベルッチ(ブラジル)を2-6 6-4 6-2で、デル ポトロは第10シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を7-5 7-6(4)で破っている。

 オリンピックには2008年の北京、2012年のロンドンに続いて3度目の出場となる錦織。北京では初戦敗退に終わったが、ロンドンでは準々決勝に進出し、銅メダルを獲得したデル ポトロに4-6 6-7(4)で敗れていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:RIO DE JANEIRO, BRAZIL - AUGUST 12: Kei Nishikori of Japan celebrates winning the first set against Gael Monfils of France in the Men's Singles Quarterfinal on Day 7 of the Rio 2016 Olympic Games at the Olympic Tennis Centre on August 12, 2016 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

最終更新:8月13日(土)6時57分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。