ここから本文です

やまぬ大歓声 金藤「金」に地元広島県庄原市

日本農業新聞 8/13(土) 7:00配信

 リオ五輪の女子200メートル平泳ぎで金藤理絵選手が金メダルを獲得した瞬間、パブリックビューイングが開かれた母校である広島県庄原市の市立山内小学校体育館は、拍手と大歓声に包まれた。

 家族や地元住民ら約200人が詰め掛け、「必勝」と書いたうちわとスティックバルーンが大きく揺れた。「カネトウ」という応援の大合唱は、ゴールとともに歓喜の叫びに変わった。

 優勝を見届けた兄の康宏さん(32)は「前日にLINE(ライン)で会話したが、緊張している様子は感じなかった。金メダルを取ってくれてほっとしている。庄原に帰って来たら、わが家のお米でもてなしたい」と喜んだ。

 同市尾引町の尾野素子さん(65)は「理絵さんを子どもの頃から知っているが、負けん気が強くて頑張り屋さんだった」と感動を隠せない様子だった。

日本農業新聞

最終更新:8/13(土) 7:00

日本農業新聞