ここから本文です

あの感動をもう一度!ロンドンオリンピックの開会式をプレイバック

ELLE ONLINE 8月13日(土)22時0分配信

リオオリンピックの観戦で寝不足が続いているガールも多いのでは? ちょっと休憩して、今から4年前に開催されたロンドンオリンピックに思いを馳せてみて。映画『スラムドッグ ミリオネア』のダニー・ボイル監督が総合演出を手がけた開会式は、感動あり、笑いありで、感慨深いものがあるはず!

エリザベス女王が空を飛ぶ!?

のどかな田園風景が産業革命により一変と英国の歴史を感動的に描く一方、ボイル監督がこだわったのが映像での演出! 『007』の俳優、ダニエル・クレイグがエリザベス女王とヘリに乗り込み、パラシュートでスタジアムに舞い降りる映像が流れると、本物のエリザベス女王がスタジムに登場。世界中を沸かせたこの演出、協力したエリザベス女王もスゴイ!

オーケストラにMr.ビー ンが参加!?

オーケストラが感動的な映画『炎のランナー』のテーマ曲を演奏していると、演奏者のひとりがクローズアップ。そこで観客は大ウケ!! コミカルな表情のその人は、Mr.ビー ンでお馴染みのローワン・アトキンソン。『炎のランナー』のパロディ映像にも登場し、観客たちの笑いを誘った。

スーパースター☆デヴィッド・ベッカムも登場

ギリシャから出発し、約8500人にリレーされたオリンピック聖火がいよいよスタジアムに! ボートに乗ってテムズ川を渡り、聖火を運んだのは英国のスーパースター、デヴィッド・ベッカム! 選手としての出場は叶わなかったけれど、五輪招致に貢献したことでこの大役をゲット。「地元でオリンピックが開催できて誇りに思う」と英国紳士らしいコメント。

ポール・マッカートニーの生歌に大熱狂♪

大トリを飾ったのは、生きる伝説サー・ポール・マッカートニー! 当時70歳ながら年齢を感じさせないパフォーマンスで聴衆を熱狂させたけれど、実は「ヘイ・ジュード」の歌い出しで機材トラブルが発生! とはいえ、顔色ひとつ変えずにピアノ演奏を続け生歌を披露して、選手たちや観客をひとつに!


(From ELLE girl)

最終更新:8月13日(土)22時0分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。