ここから本文です

サルも夏は特製アイスでひんやり 足羽山公園遊園地、果物を凍らせ

福井新聞ONLINE 8月13日(土)8時34分配信

 厳しい暑さが続く中、福井市の足羽山公園遊園地(ミニ動物園)は12日、ニホンザルに涼を味わってもらおうと、凍らせた一口サイズの果物を与えた。サルは冷たい餌を手のひらに載せ、気持ちよさそうにほおばっていた。

 バナナ、キウイ、ブルーベリーと水を混ぜて凍らせた餌を各30個用意。前田淳一園長がおりの中に入り、最初は手渡しで餌を与え、その後は20匹のサルに行き渡るようにばらまいた。

 餌を受け取ったサルは手のひらに載せ、不思議そうに眺めていたが、すぐに氷をかじり出し中身を食べていた。前田園長は「初めて氷の餌を与えたが、思ったより食べてくれたし、気持ちよいのかもしれない。サルがおなかを壊さなければ、今後も与えていきたい」と話していた。

 母親と一緒に訪れた白川文史郎ちゃん(3)=福井市=は「おいしそうに食べている。それに涼しそう」と、興味津々の様子で眺めていた。

福井新聞社

最終更新:8月13日(土)8時34分

福井新聞ONLINE