ここから本文です

阪神・メッセ、「もうおじさん」も35歳誕生日前に熱投&セトップ140K

Full-Count 8月13日(土)8時36分配信

9回に失点し完封は逃す

 阪神のランディ・メッセンジャー投手が12日の中日戦(京セラドーム)に先発。8回1/3を5安打2失点に抑え、10勝目を挙げた。2014年以来となる2桁勝利を挙げた助っ人右腕は「すごいね。チームメートに感謝したい。点を取ってくれないと勝ちは付かないからね。本当に感謝したい」と喜びを口にした。

 初回からエンジン全開で中日打線を寄せ付けなかった。8回まで3安打の圧巻のピッチング。それでも完封も視界に入った9回に2安打を集中され2失点しマテオにマウンドを譲った。「あのペースでいけば自分が終わらせなければいけない。余裕で完封できる展開だったので悔しいね」と苦笑い。

 この日は153キロを計測した角度のある直球とフォーク、スライダーで8三振を奪い、今シーズン140奪三振をマーク。巨人・菅野を抜き奪三振はリーグトップに立ったが「野球はあくまでチームスポーツだからね。個人の数字も嬉しいがあくまで目標はチームが優勝すること」と個人記録に関心は示さず、チームの勝利に全力を尽くすことを誓った助っ人右腕。13日は35歳の誕生日で前祝いとなったが「もうおじさんね。次の試合では完封できるように頑張るよ」と心強かった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月13日(土)8時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]