ここから本文です

一橋大・ゲイとばらされ亡くなった学生 遺族が語った「後悔」と「疑問」

BuzzFeed Japan 8/13(土) 13:34配信

最高に信頼していた。そして、好きだと告げた。その同級生に「あいつはゲイだ」とLINEで言いふらされた。一橋大学のロースクールに通っていたAくんは苦悩の末、校舎6階から落ちて亡くなった。Aくんは25年の人生をどう過ごしたのか。なぜこの事件が裁判にまでなったのか。遺族に思いを聞いた。【渡辺一樹 / BuzzFeed Japan】

BuzzFeed Newsは愛知県内のAくんの実家を訪ねた。物腰柔らかな父親と、上品な母親。意志の強そうな目をした妹さんが出迎えてくれた。

整理整頓が行き届いた家。まず、仏間でAくんの位牌に手を合わせ、焼香をした。案内された居間の椅子に腰掛けると、犬がするりと寄ってきて足元に寝そべった。

穏やかな笑顔

Aくんが大勢の友達に囲まれ、人生を謳歌していたころの記憶を語ってもらった。

中学のとき、おしゃれに目覚めた。ギターやアメフト、囲碁……いろいろなものにのめり込んだ。オーケストラでチェロを演奏していた。他人の良いところを見る性格だった。

女性から慕われることも少なくなかった、と妹は言う。なんで彼女を作らないのか、不思議に思った時期もあったそうだ。

花見や花火、宴会を計画するのが好きなお祭り男だった。中央大学での最初の一年は、遊びすぎて単位を落とした。みんな野菜不足だからと自分でサラダを料理して、キャンパスで100円で売ったりもした。

落ち着いた両親と年子の妹、ペットに囲まれ、愛情いっぱいに育ったのだろう。大学2年のときのアメリカ旅行の写真で、Aくんは穏やかに微笑んでいる。

正義感が強く、これだというものに情熱を注ぎ込むAくんが目指したのが弁護士だった。学部2年の春、司法試験サークルに入ると、一心不乱に勉強した。サークル部長にもなり、切磋琢磨する仲間たちとは親友になった。

「こんな親に似ず、しっかりとしていました」。父親は少し照れながら、そう話した。

アウティング

仲間たちと一緒に目標に向かって、充実した人生を送っていた。あの事件までは。

家族によると、Aくんの遺書や残されたメッセージなどから浮かんだ事件の経緯は、以下の通りだ。

2015年春、一橋大学ロースクールで出会った同級生Zくんに、Aくんは「好きだ、付き合いたい」と告げた。Zくんの答えは「付き合うことはできないけど、これからもよき友達でいて欲しい」。Aくんは「ありがとう」「悲しいけどすげー嬉しかった」と返した。

だが、約3カ月後の6月24日、Zくんは同級生たち9人でつくるLINEのグループチャットで、「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのムリだ。ごめんA」と暴露した。

同級生たちに告げるつもりはなかった秘密を、友達だったはずのZくんにバラされた。そのショックにAくんは打ちのめされた。

自ら望んで同性愛者だと告白することを「カミング・アウト」という。一方、同性愛者だという秘密を他人にばらされることを「アウティング」という。

同性愛への偏見がある社会でのアウティングは、人の一生を左右することもある危険な行為だ。まさに、今回がそうだった。

1/6ページ

最終更新:8/13(土) 15:18

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。