ここから本文です

サンバのリズムでバドミントン、貧民街で選手育成 ブラジル

AFPBB News 8月13日(土)13時1分配信

(c)AFPBB News

【8月13日 AFP】ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)の貧民街で、セバスチャン・ディアス・デ・オリベイラ(Sebastiao Dias de Oliveira)さんは200人の子供たちに、サンバのリズムを取り入れてバドミントンを教えている。おかしな取り合わせに聞こえるかもしれないが、オリベイラさんの息子イゴール・コエリオ(Ygor Coelho)さんは、バドミントンの五輪代表選手である。

 この練習は、20年前にオリベイラさんが設立したNGO「ミラトゥス(Miratus)」プロジェクトの一環として行われているもので、オリベイラさんは貧民街の子供たちに前向きな道筋を示してあげたいと、活動に力を注いでいる。10日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:8月13日(土)15時12分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。