ここから本文です

【リオ五輪・速報】数野&栗原は惜敗! リーグ戦2位で決勝トーナメント進出決める<混合ダブルス>

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 8/13(土) 22:44配信

8月13日に開催されたリオ五輪・バドミントン競技3日目は、各種目予選リーグが行なわれ、混合ダブルスにグループDの数野健太/栗原文音が出場した。

数野/栗原の相手は、世界ランク2位のコ・スンヒュン/キム・ハナ(韓国)。第1ゲームの序盤は、動きに硬さが目立つ韓国ペアに対し、日本ペアが積極的に攻めて得点を奪う。その後は互いにポイントを取り合うと、後半は接戦に。どちらも譲らず、20-20のデュースとなった。

数野/栗原は先に2点リードすれば第1ゲームを奪えたが、サービスまわりで後手を踏み23-25で落としてしまう。すると、第2ゲームは調子を取り戻したコ・スンヒュン/キム・ハナがリード。日本ペアも中盤以降なんとか食らいついたが、最後は韓国ペアが押しこ込まれ敗戦。

敗れた数野/栗原は、予選リーグ・グループDを2勝1敗とし2位通過が決定。同グループ3勝で1位通過のコ・スンヒュン/キム・ハナとともに決勝トーナメント進出を決めている。

▼混合ダブルス 予選リーグ・グループD
数野健太/栗原文音(2勝1敗)0〔23-25、17-21〕2コ・スンヒュン/キム・ハナ(韓国/3勝)

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:8/14(日) 1:30

バド×スピ!/バドミントン・マガジン