ここから本文です

錦織選手、テニスで96年ぶりのメダルへ!ラケットの計測器で東京五輪を狙う日独連合

ニュースイッチ 8/13(土) 17:23配信

レゾニック・ジャパンの川口代表。風力発電の研究者から重心の位置計測の道へ

 「重心の位置を測るだけで生活していけるだろうか」―。物体を乗せるだけで質量、重心の位置、物体の回転しにくさを表す慣性モーメントを測れる計測器「レゾニック」シリーズを販売するレゾニック・ジャパン代表の川口卓志は、起業当初不安を抱えていた。

 川口は東京工業大学大学院出身。風力発電を研究し、博士号を取得した。在学中は研究の傍ら、同じ研究室に所属するロバート・クレッパーが開発した「レゾニック」の日本での特許取得を手伝った。卒業後、クレッパーがドイツで設立したレゾニックの日本法人を川口が設立することになった。

 「重心の位置と慣性モーメントを測ることで物体の動きを予想・制御できる。計測の意義も、計測精度の高い機械の素晴らしさも把握していたが、お金にするのは別の話。本当にやっていけるのかは分からなかった」

 ただ、目に見えないものを数値にできれば性能を裏付けられる。その意義は大きかった。2014年12月、設立から1年3カ月でエンジンメーカーへの販売が決まった。「これで会社がつぶれない」。安心感とうれしさがこみ上げた。その後も続々と大手企業からの仕事が舞い込んだ。

 「大学時代の人脈を利用したり、飛び込み営業をかけたり、とにかく製品を売り込んだ。無我夢中でやっていたら仕事が寄ってきてくれた」という。また「やり方次第で会社の規模にかかわらず社会の役に立てる」との実感も、川口に大きな自信をもたらした。

 現在は開発をドイツで、販売を日本で行っている。ラインアップもテニスのラケットなどスポーツ用品向けの「レゾニックK」や2トン以上の重量に耐えられる「レゾニック2000F」など5種類に増えた。販売だけでなく計測サービスも好調だ。

 20年の東京五輪・パラリンピックに向けて「レゾニックK」の販売には特に力を入れるという。「最終的には製品のラベルに慣性モーメントの数値が入るようになれば感慨深い。多種多様な場面で活用してほしい」と笑顔をみせる。

 経営が堅調な今、川口は次の一手に出る。15年12月に新会社、ラプソドスを東京都大田区に設立、カフェ「トイトイトイ」をオープンした。家庭用焙煎(ばいせん)機も開発中で、カフェと焙煎機で出した利益で若手研究者を雇う計画だ。

 川口には「そもそも学問は役に立つかどうかでするものではない」という思いがある。だからこそ「弱くなりがちな研究者の地位を保証し、本当の意味での学問ができるようにしたい」という。

 カフェ所属の研究者誕生へ。川口の夢は動きだしたばかりだ。

1/2ページ

最終更新:8/13(土) 17:23

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。